院内設備

診療設備の紹介

精密な検査を行うための設備

  • 歯科用CT

    短時間でお口全体の詳細なデータが得られ、患者さまの負担も少ないのが特徴のパノラマレントゲンです。
    主に、インプラント治療や親不知の抜歯等の外科的治療等、口腔内と骨の中の状態等を詳しく把握する必要のある場合に使用します。

  • 歯科用レントゲン

    口の中にフィルム(センサー)を入れて撮影するレントゲンです。
    特定の部分の、より詳しい診査が必要な場合に使用します。

治療内容をわかりやすく説明するための設備

  • 診療チェア前モニター

    今のお口の状態と、これからの治療内容をより分かりやすく説明するために、レントゲン撮影を行った画像を、診療台のモニターに映し出して実際に見ていただくために使用します。

  • タブレット

    今のお口の症状の原因や、治療法を患者様が納得した上で、治療を受けていただくために、治療前にスライド画像やアニメーションをお見せして、分かりやすく説明します。

できるだけ痛くない治療を行うための設備

  • 超音波スケーラー

    スケーラーの先端にチップを取り付け、超音波振動によって歯石や歯垢を取り除く装置です。
    弱い力で細かく振動しますので、ほとんど痛みを感じることなく、効果的に歯石や歯垢の除去が可能です。

  • 電動麻酔

    麻酔の注射では麻酔液が体内に入るときの圧力によっても痛みを感じます。
    電動麻酔器を使うことで、麻酔薬の注入速度や圧力をコンピューター制御により一定に保つことができ、痛みを抑えることができます。

  • 極細の針を使用

    注射針は細ければ細いほど刺す痛みは少なくなります。
    そこで当院は一般的に使用されている針よりも細い極細の針(採血時の針の約4分の1程度の細さ)の、ディスポーザブル(使い捨て)の31G注射針を使用しています。

  • エアフロー

    歯ブラシでとれない色素沈着や着色汚れを、重炭酸ナトリウムの微粒子(パウダー)を吹き付けて落とします。
    歯を削らずに本来の白さを短時間で取り戻すことができます。

滅菌・感染予防のための設備

  • 高圧蒸気滅菌器

    高温高圧の蒸気により滅菌処理を行う装置です。圧力鍋と基本的には同じ原理であり、時間を掛けて隅々まで蒸気を行き渡らせることで滅菌を行います。

  • 超音波洗浄器

    汚れた器具を水洗いした後に使用します。薬液に超音波を発生させ、目に見えないタンパク質や血液の汚れまで分離させます。

  • タービン洗浄機

    タービン(歯を削るドリルを取り付けた柄の部分)専用の装置で、洗浄から注油までを確実に行います。

  • 口腔外バキューム

    血液・唾液や歯の削りかすなど治療時に飛び散る粉じんは、口腔外バキュームで吸引処理し、院内の空気汚染を防止しています。

ページ上部へ戻る