審美歯科治療(ホワイトニング)・インプラント・矯正

審美歯科治療見た目だけでなく、機能性にも優れた審美歯科治療

歯や歯茎の色、口元の美しさを整えるような見た印象を変えることだけでなく、歯本来の機能の回復・改善も考慮した歯科治療が審美歯科治療です。
美しさと機能性を取り戻すと、笑顔に自信が持てるようになったり、機能が回復・改善すると食事が美味しく楽しめるようになったり、双方の効果で心身ともに健康につながります。

当院のセラミック義歯

セラミックの詰め物・かぶせ物
銀の詰め物が気になる方や、金属アレルギーが気になる方へ。
最近は、見た目はもちろん、強く噛んでも割れにくいセラミック素材の詰め物・被せ物ができる様になりました。
その中でも当院では、大臼歯にも使える強度と、自然な輝きのある「e-max(オールセラミック)」や、比較的経済的な「ハイブリッドセラミック」をおすすめしています。
e-max・レイアリング(オールセラミック)
e-maxは、主にニケイ酸リチウムガラスで出来た、オールセラミックの中でも新しい材料です。
天然の歯に近い強度と硬さがあるので、大臼歯にも使用が可能な上、物を噛んだ時に他の歯を削ることのない、優れた素材です。
また、天然の歯の様な透明感と、豊富な色調で、見た目がとても自然です。
さらに、セラミックを積層して焼き上げる「レイアリング法」によって、よりいっそう他の歯に合わせた色と形状の詰め物・被せ物ができる様になりました。
e-max・ステイニング
e-max・ステイニングは、歯冠すべてをe-maxで形成し、ステイン材で着色する方法です。
レイアリングと比べて色調の再現性は低いですが、全てがe-maxで出来ているため強度があります。
ハイブリッドセラミックス
ハイブリッドとは、超微粒子セラミックス(ナノフィラー) と レジン(プラスチック)を混ぜ合わせた材料です。ハイブリッドセラミックスは、セラミックの硬さとプラスチックの粘りの両方の特徴を兼ね備えた新しい素材です。ジルコニアセラミックに比べ、長期使用する事で変色やツヤの消失多少ありますが、ジルコニアセラミックより経済的です。また、小臼歯のかぶせ物の治療のみ保険診療で行えます。
ラミネートべニア
歯の色が変色している場合や、歯と歯の間に隙間があるときなど、歯と歯の間や歯の裏側を削る必要がない場合に、爪の厚さ程の薄いセラミックの板を、歯の表面を削った部分に強力な歯科用接着剤で貼り付ける治療法です。主に前歯や小臼歯に行います。比較的痛みもなく、ほとんどの場合、麻酔せずに治療が行えます。

ホワイトニング

ホームホワイトニングを推奨しています

歯を白くするホワイトニングは現在、様々な施術方法があります。
おうじクローバー歯科では、患者さまへの負担や、ホワイトニングの効果を検証し、ご自宅で行う「ホームホワイトニング」を取り入れております。ホームホワイトニングは、ご自宅で気軽にホワイトニングが行えることがメリットです。

ホワイトニング方法
まず、お口の中の状態をチェック致します。(むし歯や歯周病がある場合、ホワイトニングを行うことができないため、先に治療を行います。)
そして、医院でご自身の歯型を取り、オーダーメイドのマウスピースを作製します。マウスピースが完成したら、ご自宅で、ホームホワイトニング用のホワイトニングジェルを注入したマウスピースを一定時間はめていただきます。指定された期間、毎日ご自宅で継続してホワイトニングを続けていきます。
(理想の歯の白さや歯質によって、ホワイトニングの実施時間・期間が異なります。)

ホワイトニングの後は、歯に色がつきやすくなっています

ホワイトニング直後は、歯の表面のペリクルという膜が除去される為、色素が沈着しやすくなっています。 ペリクルは12時間~24時間かけて再生されますので、その間は色の濃い食べ物、飲み物は避けていただく必要があります。タバコも口紅も最低24時間避けてください。
避けてほしい食べ物・飲み物
タンニンを多く含む、赤ワイン・コーヒー・紅茶・日本茶等の飲み物、カレーライスやミートソース、キムチ等の色の濃い食べ物、色の濃いジュース 等
食べても大丈夫な食べ物・飲み物
水・牛乳・米・お粥・パン・鶏肉・えび・しらす・大根・チーズ・ヨーグルト・ホワイトソース 等々

ホワイトニングの前に、エアフローもおすすめです。

エアフローは、歯ブラシでとれない色素沈着や着色汚れを、重炭酸ナトリウムの微粒子(パウダー)を吹き付けて落とします。
歯を削らずに本来の白さを短時間で取り戻すことができます。
ホワイトニングを行う前に行うと、よりホワイトニング効果が得られます。

インプラント治療

お口全体の状況を把握してからインプラント治療を行います

インプラント治療とは

失った歯の代わりに、人工の歯根(インプラント体)と支台(アバットメント)、人工歯(かぶせ)を取りつけるインプラント治療は、周囲の歯を温存でき、また、天然歯と同じような見た目と、しっかりと物が噛めるため、乳歯・永久歯に次ぐ「第三の歯」とも呼ばれています。当院では、常に最新の技術や情報を取り入れ、お一人お一人のお口の状態に合ったインプラント治療を行います。

当院のインプラント治療に対する考え

 

インプラント治療は外科的要素を持った、特に注意が必要な治療です。
まずは、じっくりカウンセリングと検査を行い、治療完了後の咬みあわせや、お口の状態、セルフケアが可能かどうかをトータルに判断し、準備した上で、治療を行います。

CTを使った精密な診査診断を行います
治療前診断として、インプラント体を埋入するあごの骨の質や厚み、高さ、形態を正確に把握する必要があります。
当院では歯科用CTから得た3次元の情報を基に、骨の状態を正確に把握し、治療計画を立案していきます。
治療前に、わかりやすく説明をいたします
インプラント治療を行うにあたり、治療方法や期間、費用等、様々な事に疑問や不安を感じられるのは当然だと考えております。 当院では、歯の模型や治療方法のアニメーション等を用いて、患者様が充分ご理解・ご納得いただいたけるようわかりやすくご説明させていただきます。
選択肢の自由化
インプラントは、適切な診査・診断に基づく適応症であれば、周囲の歯や咬みあわせを温存できる優れた治療法です。
但し、インプラント治療を選択されるかは、インプラント治療以外の他の治療法、治療費、今後の症状についての医学的な見通しを総合的に考慮の上、選択されることをお勧めします。

インプラント治療後は、メインテナンスが重要です。

インプラントは人工物なので手入れが不要と思われるかも知れません。材質的にむし歯にはなりませんが、天然歯と同様に細菌感染「歯周病」のリスクがあります。
歯周病は、進行するとインプラント体を支えている骨を溶かしてしまい、インプラント体を維持することが困難になります。歯周病にならないためと長期維持をするために、定期的なメインテナンスが非常に重要となります。
患者さまのお口の状態、ライフスタイル(喫煙習慣・生活習慣など)に応じてメインテナンス計画をご説明いたします。
メインテナンスではインプラント体・支台・人工歯の状態や、咬み合わせ・歯周組織・ケアの状態をチェックします。その後、ケアの指導やクリーニングを行い、さっぱりとしていただけます。

矯正歯科

歯並びの良し悪しは、人生に大きくかかわります。

歯の矯正治療は、歯を動かし歯並びを整え、咬み合わせ・見た目を改善することを目的とした歯科治療です。
歯並びを整える事は、単に見た目だけでなく、日常生活や体調、気分にも大きく影響してきます。

歯並びが良くなると

  • 見た目が改善されるため、コンプレックスが軽減されます。
  • 歯みがきがしづらい部分などがなくなり、むし歯や歯肉の病気(歯肉炎や歯周炎) になりにくくなります。
  • 食べ物が良く咬めるようになるため、胃腸に負担がかからず、健康増進に役立つ面もあります。
  • 発音がしやすくなり、はっきりと発音できるようになります。
  • 咬み合わせが原因で起こっていた不調(肩こり・身体の傾き・腰痛など)が改善されます。

こども向けの矯正

顎の成長を利用して歯並びを治します
当院では、あごが成長段階にある、お子さまの矯正をおすすめしています。
お子さまの不正咬合の原因は、あごが狭いため、窮屈な歯並びになっていたり、永久歯が生えるスペースがなかったりすることが代表的な原因と言われています。
歯並びが揃うことにより、歯みがきもしやすくなり、むし歯や歯周病になる確率もグンと下がり、良好な咬む刺激を脳に伝え、元気にすくすくと育つ要因となります。
また、早い段階から、歯に意識が向くことで、歯と健康のつながりや、歯を大切にすることの重要性を、自然と身につけていくため、将来大人になっても、自分自身で歯を大切にしていく習慣が身に付くため、長い目で見ると保護者の方からのプレゼントともいえます。
歯列育形成
あごに床装置という器具を使い、時間をかけて矯正する治療法です。簡単に言うと「あごを広げて、歯(乳歯・永久歯)が生えるスペースを確保する」という治療法です。
お子さまに早い段階から抜歯の経験をさせるのは避けたいと思う保護者の方も多いと思います。この歯列育形成は、歯を抜かずに治療が行えますので、痛い思いをすることがなく、矯正することができます。
また床装置は、お子様でも簡単に取り外しや調整が行えますので、食事や歯磨きを簡単に行える他、他の矯正装置と比べて痛みが少なく、矯正が辛いと感じることも少ないと言われています。
ページ上部へ戻る