一般歯科(予防歯科・歯周病治療・虫歯治療)

予防歯科健康な歯を保つために、一番大切なことは「予防」です。

歯を長持ちさせる治療をメインに行っています。

予防歯科とは、むし歯や歯周病を未然に防いで、歯やお口の健康を保つ治療のことを言います。むし歯や歯周病を治すためではなく、むし歯や歯周病にならないための予防をすることです。
歯医者へは、「悪くなってから行く」ではなく、「悪くならないために行く」という考え方で、いつまでも、ご自身の歯を健康に長持ちさせましょう。

当院の予防歯科

口腔衛生指導(プラークコントロール)
プラークコントロールは、歯磨き(ブラッシング)だと誤解している人も多いのですが、ブラッシングだけではなく、デンタルフロスを使って歯と歯の間に付着したプラーク(歯垢)を落としたり、医院での歯のクリーニングなど、歯に付着したプラークの量を減らす行為全般を指します。
プラークが形成されはじめてから「酸」や「毒素」を産生するようになるまでは24~48時間程かかるため、1日1回しっかりとプラークコントロールを行うことは基本なのです。
当院ではお口の中のプラークのつき方の確認やブラッシングの癖をみつけて、患者さま一人一人に合ったブラッシングの指導を行います。
PMTC
PMTCとはProfessional Mechanical Tooth Cleaning(プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング)の略です。
ご自身の毎日の歯磨きだけでは届きにくい所を中心に、歯科医院専用の器材を使用し、 歯の表面の細菌であるバイオフィルム状のプラークを機械的に清掃、研磨するテクニックのことです。
毎日の歯磨きに加えて、定期的に医院でクリーニングを行うことにより、むし歯や歯周病を防ぐことができます。また、スケーリング(歯石除去)と同時に行うとより効果的です!!

歯周病治療

歯周病は、気づかないうちに進行する、怖い感染症です。

日本人の5人に4人が歯周病と言われています。歯周病は、歯垢が歯と歯ぐきの間に挟まり、そこで多くの細菌が停滞し炎症を起こします。そのまま放っておくとやがては骨を溶かして最後には歯が抜け落ちてしまいます。
歯周病のおそろしいところはむし歯と違い、軽度から中等度ではほとんど症状がなく進行するので、自分ではなかなか気が付きにくく、痛みや腫れに気付いた頃には歯周病がかなり進行している事が多いので厄介です。 歯周病の原因は主に歯垢・歯石を取り除く事で細菌の繁殖が抑えられ、大部分が改善されます。
歯を失わないために、定期的に医院でクリーニングとチェックで健康な歯を守りましょう。

歯周病にならないために…

口腔衛生指導(プラークコントロール)
プラークコントロールは、歯磨き(ブラッシング)だと誤解している人も多いのですが、ブラッシングだけではなく、デンタルフロスを使って歯と歯の間に付着したプラーク(歯垢)を落としたり、医院での歯のクリーニングなど、歯に付着したプラークの量を減らす行為全般を指します。
プラークが形成されはじめてから「酸」や「毒素」を産生するようになるまでは24~48時間程かかるため、1日1回しっかりとプラークコントロールを行うことは基本なのです。
当院ではお口の中のプラークのつき方の確認やブラッシングの癖をみつけて、患者さま一人一人に合ったブラッシングの指導を行います。
歯周内科
歯周内科では、お口の中の菌の検査をおこなったのち、検査結果に応じて最適なお薬の服用や歯磨き粉で治療を行います。
歯周病の原因菌に直接作用するので、歯周病の進行状況に関係なく予防にも最適です。
PMTC
PMTCとはProfessional Mechanical Tooth Cleaning(プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング)の略です。
ご自身の毎日の歯磨きだけでは届きにくい所を中心に、歯科医院専用の器材を使用し、 歯面の細菌バイオフィルム状のプラークを機械的に清掃、研磨するテクニックのことです。
毎日の歯磨きに加えて、定期的に医院でクリーニングを行うことにより、むし歯や歯周病を防ぐことができます。また、スケーリング(歯石除去)と同時に行うとより効果的です!!
スケーリング・ルートプレーニング
スケーリング
毎日の歯磨きでは取り除く事が出来ずに残ってしまったプラークは約2日間で歯石になります。
歯石になってしまうと歯磨きだけでは取り除くことができません。歯石をスケーラー(超音波スケーラー・ハンドスケーラー)と呼ばれている特殊な器具を使って除去します。

ルートプレーニング
スケーリングでは除去できなかった歯ぐきや歯周病によってできてしまった歯周ポケット(歯と歯ぐきの境目に隙間ができてしまうこと)に隠れたプラーク・歯石を専用器具を使用して除去します。
再び歯石・歯垢(プラーク)が付着しにくいように歯の表面をツルツルにします。
歯周外科
きちんとしたプラークコントロールやスケーリング・ルートプレーニングを行っても症状が改善しない部分に対しては、歯周外科治療と呼ばれる治療があります。
歯周外科治療には様々な方法がありますが、中でも最も一般的なものに「FOP(フラップ手術)」があります。
フラップ手術とは歯ぐきを切開して、歯周ポケット内に深くまで入り込んだプラークや歯石などを取り除きます。
フラップ手術に必要な時間は、対象になる歯の本数にもよりますが、だいたい約1~2時間になります。

歯周病と全身疾患のかかわり

歯周病はお口の中だけの病気ではありません

歯周病はお口の中の病気のひとつではありますが、身体へも影響を及ぼすことがわかってき来ています。
おもな病状として、糖尿病、心疾患、女性ならば、早期低体重児出産や骨粗鬆症(こつそしょうしょう)、ご高齢の方では誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)などがあげられています。

糖尿病:歯周病は糖尿病の合併症として捉えられています。糖尿病の人は、糖尿病でない人に比べて歯周病になるリスクが高くなるといわれています。逆に歯周病の治療によって歯ぐきの炎症が改善すると、インスリンが働きやすい状態になって、血糖値が改善する可能性があるという報告もあります。

心疾患:歯周病による炎症性物質が血管を通じて心臓血管にも影響を及ぼすためだと考えられています。

早期低体重児出産:妊娠中はつわりによって歯磨きが不十分になり、歯周病にかかりやすくなります。前の心疾患では血管を通じて心臓血管に影響があるのですが、こちらは母親とつながっているへその緒を通じて胎児に影響するため、早期低体重児出産の確率が高まると考えられています。

骨粗鬆症:骨が弱くなると、歯を支える骨にも影響があると考えられています。歯周病は、歯を支える骨を溶かす病気です。骨が弱くなると歯周組織の破壊が進みやすくなるため、骨粗鬆症は歯周病を進行させる原因とも考えられています。

誤嚥性肺炎:肺や気管は、異物が入ろうとすると咳などで身体の外に出そうとする作用で守られています。しかし、高齢などで咳をする力が衰えると、自分の唾液や食べ物が誤って肺に入り、唾液中などに含まれる歯周病菌で肺炎を起こしてしまいます。これを誤嚥性肺炎といいます。
食物の飲み込みを上手く行えない人は、特に注意が必要とされています。

歯周病は再発します

定期検診の大切さ
歯周病は治ったからと言って安心ではありません。毎日の歯磨きや、医院でのクリーニングなどを怠るとあっという間に細菌が繁殖してしまいます。
医院で定期的にお口をチェックし、歯周病から歯を守りましょう。 これからの定期検診は自分の磨けないところを磨いてもらうつもりでいらして下さい。
お口の掃除のお手伝いをさせていただきます。
予防によって、抜かずに済む歯が増える事と信じています。

虫歯治療

出来る限り「痛くない」治療の取り組み

虫歯だとわかっているけれど、治療が痛いから医院へ足が向きづらい方。
また、不安や恐怖心で通常よりも痛みに敏感な方がいらっしゃいます。
その様な方に安心して通院していただける様、可能な限り痛くない治療と、お子さんも安心できる楽しい雰囲気づくりを心がけています。
最良の状態で治療を受けて頂くために、当院は努力を惜しみません。
どうぞご遠慮なく何でもご相談ください。

電動麻酔
麻酔の注射では麻酔液が体内に入るときの圧力によっても痛みを感じます。
電動麻酔器を使うことで、麻酔薬の注入速度や圧力をコンピューター制御により一定に保つことができ、痛みを抑えることができます。
極細の注射針を使用
注射針は細ければ細いほど刺す痛みは少なくなります。
そこで当院は一般的に使用されている針よりも細い極細の針(採血時の針の約4分の1程度の細さ)の、ディスポーザブル(使い捨て)の31G注射針を使用しています。

詰めた歯は、より虫歯になりやすくなっています

定期検診を受けましょう
詰め物、被せ物を行うと、歯との間にどうしてもわずかのすき間ができてしまいます。その部分に磨き残しなどで歯垢が残り、むし歯になりやすくなります。丁寧な歯磨きや糖分の多いチョコレートや飴などを控えることである程度予防はできるのですが、 むし歯になってしまうと、風邪などのように自然の治癒力で治るということがありません。
そのまま放っておくと他の健康な歯にもどんどん範囲を広げていきます。 早期であればあるほど痛みは少なく、治療は簡単になります。
「どんなに頑張って歯磨きをしても出来てしまうもの」ではなく、しっかりと予防を行えば、「確実に予防ができる病気」なのです。定期的なお口のチェックでむし歯を防ぎましょう!
ページ上部へ戻る