滅菌・感染対策

滅菌・感染対策

院内感染の防止を徹底しています。

近年、院内感染が問題視されています。歯科医院も例外ではなく、血液・唾液などがいろいろな器具を介して、感染症を引き起こす可能性があります。そのため当院では、衛生・安全管理を徹底し、院内感染の防止に努めています。
麻酔針や手袋など使い捨てが可能な物は、すべてディスポーザブル(使い捨て)を使用しています。その他の器具・機材も専用の装置で滅菌処理を行っています。
患者さまに安心して治療を受けていただけるよう、細心の注意を払っています。

使用後の器具の洗浄と滅菌の手順

器具の洗浄を行います

水洗いを行ったのち、専用の洗剤で洗浄を行います。

超音波洗浄を行います

薬液に超音波を発生させ、目に見えないタンパク質や血液の汚れまで分離させます。

滅菌パックを行います

再度水洗いを行い、乾燥させ、1回ごとの治療に分けて、滅菌パックを行います。

高圧蒸気滅菌を行います

高温高圧の蒸気により滅菌処理を行います。
圧力鍋と基本的には同じ原理であり、時間を掛けて隅々まで蒸気を行き渡らせることで滅菌を行います。


使用後の歯を削る器具の洗浄と滅菌

当院では、歯を削る器具も、1回の治療ごとに洗浄・滅菌を行い、感染予防対策を徹底しています。

アルコール除菌を行います

治療後、診療台の機器に接続している器具を、アルコールを含ませた布で拭き取りながら取り外します。

洗浄・注油を行います

タービン(歯を削るドリルを取り付けた柄の部分)専用の装置で、洗浄から注油まで確実に行います。

高圧蒸気滅菌を行います

高温高圧の蒸気により滅菌処理を行います。
この処理を行うことで、全てのウイルス・細菌を死滅させます。


診察時の衛生管理

  • 使い捨てを使用

    紙コップ、紙エプロン、ヘッドレストカバー、注射針、ゴム手袋などは患者様ごとに使い捨て(ディスポーザブル)にしています。

  • 削った時の粉じん

    血液・唾液や歯の削りかすなど治療時に飛び散る粉じんは、口腔外バキュームで吸引処理し、院内の空気汚染を防止しています。

ページ上部へ戻る