小児歯科

「マイナス1歳からの虫歯予防」をご存じですか?

「予防歯科っていうけど子どものむし歯予防はいつから始めたらいいの??」と思っておられるお母さん・お父さんへ。
小児予防歯科は、子どもが生まれる前(マイナス1歳)から始める事が、実はとても大切なんです!

乳歯は妊娠中につくられます

赤ちゃんの歯(乳歯)は、お母さんのお腹の中にいるときからつくられます。
歯は、歯のもとになる芽(歯胚)ができて、そこにリンやカルシウムが沈着して、石灰化し歯の形をつくっていきます。
乳歯は妊娠7週目からできはじめ、妊娠4か月から石灰化していくので、お誕生までには乳歯は生える準備ができています。
また、大人の歯(永久歯)は妊娠4〜5か月からできはじめ、お誕生ごろから石灰化していきます。妊娠期のお母さんは、お子様の丈夫な歯をつくるためには、カルシウムやリン、たんぱく質、ビタミンA,C,Dなどの栄養素を含む食事をバランスよくとられることが大切です。

元気なお子さんの成長はお母さんの口腔ケアから

じつは、生まれたばかりの赤ちゃんのお口には、むし歯の原因となるむし歯菌はいないことが知られています。むし歯はむし歯菌をもったお母さんやご家族からスキンシップなどを通して赤ちゃんにうつるといわれています。かといって、お子さんへのスキンシップは赤ちゃんの成長に欠かせない大事な愛情表現です。むし歯のなりやすさは、むし歯菌の有無も重要ですが、むし歯菌の量による影響の方が大きいといわれています。
むしろ、その後の食生活や歯ブラシ習慣などの環境の影響の方が大きいといえます。(小児の項で後述⇒記載しない) 妊娠をお考えの方や妊娠中のお母さんは、出産される前にできるだけむし歯の治療をしてむし歯菌の量を減らしておくことが大切です。

妊娠中は、女性ホルモン(エストロゲン)の増加により歯周病にもなりやすくなります。 また、つわりにより歯が思うようにみがけなかったり、食事回数や量、食べ物の好みなどが変わったりすることでお口の環境が変化しやすく、虫歯になりやすくなります。 大切なお子さんとご自身のお口の健康のために妊娠中も歯科検診などでこまめに口腔ケアを行いましょう。

小児予防歯科について

予防の大切さ

人は一生のうちで1度歯が生え変わります。大人になるにつれあごが大きくなり、咬む力もそれにつれ強くなるため、成長に合わせて歯も交換していきます。
では、子どもの歯はむし歯になっても大丈夫なのでしょうか?
答えはいいえです。歯の交換はあくまで成長に合わせた変化であって、むし歯で歯を失うことはむし歯菌の感染による病的なことです。子どもの歯をむし歯で早期に失うことは、歯並びが悪くなったりやあごの劣成長にも大きく関わってきます。歯並びも歯の大きさもむし歯になりやすさも個人差はありますが、まずは、小さい頃から正しい歯ブラシの習慣を身につけ、普段からむし歯菌や歯周病菌の量を減らしておくことで大人になってもきれいで健康な歯を長期に維持できます。
そのためには、お家でのセルフケアと歯科医院でのプロケアをうまく組み合わせていきましょう。

当院の子どもの予防歯科メニュー

歯ブラシ指導

子どもの歯は、乳歯に始まり大人の歯に徐々に交換していきます。あごの成長や歯並びの変化もあり、年齢による各ステージによって磨き方も選択する歯ブラシも変化していきます。
当院では、各年齢に応じてお子さまにあった歯磨き方法や歯ブラシについてていねいに指導します。また、おやつの回数や種類、摂り方など生活スタイルに合わせたお口のケアについてもご相談ください。
毎日しないといけない、面倒くさいと思わずどうせなら楽しく続けてもらえる方法をご提案します。

プロケア
お家での歯ブラシだけでは、取りきれないプラークや歯石を歯科衛生士さんに専用に器械を使って除去してもらう方法です。
フッ素
フッ素には、初期のむし歯の再石灰化を促進して歯を強くしたり、むし歯菌が酸を作るのを抑える効果があり、むし歯の発生と進行を防ぐ働きがあります。
フッ素を作用させるには、まずお口の中のプラークをしっかり除去することが大切です。
歯磨き粉にもフッ素は含まれていますが、歯科医院で塗布するフッ素の方が濃度も高いのでより効果的です。定期的にフッ素塗布をしてもらいましょう。
シーラント
生えたての乳歯や永久歯は歯の質も弱く石灰化も未熟です。そのため、食べ物がのる奥歯の溝はむし歯にもっともなりやすい場所です。とくに、6歳臼歯、12歳臼歯が生えてきたら定期的な検診と奥歯のシーラントがオススメです。

食育について

食育ってなんだろう?

最近よく食育って言葉を耳にします 食育とは様々な経験を通じて食に関する知識と食を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てることと言われています。
近年、ファーストフードや偏った栄養摂取、朝食を抜くことによる食生活の乱れなど子供たちの健康を取り巻く問題が深刻になっています。
栄養面だけにとどまらず子供の頃からよく噛んで、舌や唇といったお口の機能をフルに使った食事をすることで口呼吸になるのを予防したり上下の顎の成長を促し、歯並びの不正を減らしてきれいな口元を作ります。
歯の生えてくる位置にもよりますが、顎の大きさが十分あればお口の周囲の筋肉と舌の筋肉の力である程度歯はならんできます。
お口の機能を高めることで顎の成長を十分に促し、歯並びをできるだけきれいに整えることで矯正のリスクを減らし、虫歯になりにくいお口を作ることにもなります。


また、同じ食材でも調理方法によってかむ回数や使う筋肉や歯の部位が変わってきます。 すなわち、食べやすい、すぐ味が感じられる食事方法はお口の機能を使っていないラクな食事方法と言えます。
当院では、子供のお口の機能を高める観点から虫歯予防だけでなく、食事方法や間食などの指導、舌や唇の機能訓練などにも力を入れてまいります。

おもな指導法

あいうべ体操
当院では、お口のまわりの筋肉と舌の筋肉を鍛えるお口の体操をお勧めしています。
この体操法によって舌をお口の正しい位置におく訓練をすることで口呼吸を防止し、お口の周囲の筋肉を鍛えることであごの成長も促されます。
食べ物について
お食事内容やおやつの種類などについてもご相談承ります。
ページ上部へ戻る